妄想男その14(28停止目)

■最終話 彼の死、祝福

――――死神女デス:彼の死

 693年間止まっていた時間が動き出すと、彼の父と母は再開を果たした。
 彼は自分の部屋で死を待っていた。

 父と母が階段を上って彼の部屋に入ってきた。
 父は無抵抗の息子を殴り、蹴飛ばし、投げ飛ばした。
 母は朦朧としている息子に致死量の睡眠薬を飲ませた。

 二人は彼が死んだことを確認すると、遺体を車に乗せ、山の奥深くへ運んで、埋めた。
 二人はどこかへ去っていく。幸せそうな顔で。

――――――死神女デス 祝福

 自分の体が埋められた土の上、彼は無表情でぼうっと座っている。

 「悲しい?」私は死神になった彼に聞いてみた。
 「…」彼は何も答えなかった。ただ、いつもみたいに無表情だった。

 「おいで」両手を彼に差し出してみる。
 「ごめん」いつものように彼は謝る。「泣きそうなんだ」
 「そう」後ろから抱きしめ、頭をなでてあげた。私の腕に何滴か
彼の涙が落ちたが、気にしないであげよう。

 「死神合格おめでとう」
 彼の一生をねぎらう。
 「これからも私と、ずっと一緒だから。ね?」
 ギュッと強く抱きしめ、そして今からを祝福した。

――――――――――最終話 男の死亡、祝福 終わり

 

 【死神になった男 完】

あとがき

inserted by FC2 system